~貧乏金無しホームトレ~

お金も無く、安い器具を揃えて自宅で筋トレを頑張るオッサンの日記。それ以外に器具紹介、動画などもちらほら晒していきますよっと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の怖い話

AVAではAVAスポーツでしたっけ?それが始まりましたね。


では夏って事で怖い話を。


*コピペ

753 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 14:57 ID:QwBfLdAC
昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。

開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。
一命はとりとめたものの、全身ヤケドの重体だった。
昔の事とて、ろくな治療も施されず、全身包帯に包まれて、女房の待つ飯場の一部屋に担ぎこまれた。
付き添ってきた医者は、「大怪我だが、今夜を乗切れば命は助かるだろう。何かあれば呼びに来なさい」。
自宅の場所を教えて引き上げていってしまった。

その真夜中。ロウソク一本の薄明かりの下、枕元でひとり看病していた女房がふと気が付くと、
玄関に誰かの気配がする。
女房が出てみると、大勢の人間が立っている。
彼等の云うには、
「自分達はAさんと一緒に働いている仲間である。今日は大変な災難に会われて、お気の毒です。
 すぐにでも見舞いに来たかったのだが、生憎我々も作業を中断するわけにいかず、
 こんな非常識な時間になってしまった。
 どうか我々にも、Aさんの看病の手伝いをさせて欲しい」
との事。


754 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 14:58 ID:QwBfLdAC
女房はひとりで心細かった処への、この温かい申し出に感動し、部屋に入りきれないほどの仲間達を迎え入れた。
それぞれ一人ずつAさんに話し掛け、励ましては部屋の中に座って、女房にも優しい言葉を掛けてくれる。
女房はすっかり安心してしまった。

その中の一人が、「自分は医術の心得がある、診察してやろう」と申し出た。
見れば、ボタ山で働いているとは思えない立派な紳士だった。誰かの知人なのだろうか。
彼は、
「これは酷いヤケドだが、私は幸いヤケドの治療法に長じている。今夜のうちに術を施せばAさんはすぐ治る」
と言った。
女房に否応が言えるはずもない。

やがて紳士による治療が、薄暗がりの中で始まった。
治療は荒っぽいものだった。
紳士は、「ヤケドには、焼けこげた皮膚を取り除いてやるのが一番の治療法だ」と説明し、
Aさんの身体を包んでいる包帯を取り除けると、やがてAさんの皮膚を無造作に剥ぎ取り始めた。


755 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 14:59 ID:QwBfLdAC
炭鉱夫仲間でも屈強な身体付きで知られたAさんも、これは堪らない。
Aさんはあまりの苦痛に絶叫し、「いっそ殺してくれ」と泣き叫んだ。
女房はおろおろする以外なにも出来ない。
あまりの凄まじさに、自分も耳を塞いで泣き叫び始めた。
紳士は「ここが辛抱じゃ。すぐ楽にしてやる」と声を掛けながら、眉ひとつ動かさず作業を続ける。

どれぐらい時間がたったか。
いつしかAさんの絶叫は治まっており、静寂が戻っている。
紳士は女房に、「心配かけたがもう大丈夫。すぐに元気になるよ」と声を掛け、席を立った。
女房は何度も何度も頭をさげながら、表まで紳士を見送った。
遠い空がうっすら明るくなっている。もうすぐ夜明けだ。

部屋に戻ると、さっきまで狭い部屋から溢れ出る程大勢いた見舞客が、ひとりも居なくなっている。
女房は不思議に思うより、不快に感じた。
帰るのだったら、一言くらい挨拶してくれても良いじゃ無いか。
疲れきった女房は、Aさんの枕元に腰を下ろし少し休もうと思ったが、Aさんの顔色をみて驚愕した。
夜明けの日差しの中で見るAさんの顔色。それはまるでロウのようだった。
女房はAさんに取りすがって、再び号泣するしかなかった。


756 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 15:00 ID:QwBfLdAC
騒ぎを聞きつけた隣人に連れてこられた医者は、Aさんを見るなり女房を怒鳴りつけた。
「誰が患者をいじった!」
Aさんを包む包帯の巻き方は、明らかに素人のものだった。
包帯を取り除けた医者は、Aさんの身体から目を背けた。
無惨に生皮を剥ぎ取られた遺体がそこにあった。

あまりの奇怪な事件に警察が呼ばれ、半狂乱の女房から何とか事情を聞き出した。
だが、その夜現れた男達も、例の紳士も、ボタ山はおろか近隣の町村にも、該当者はいなかったと云う。

話を聞いたある人が、「それはキツネの仕業だろう」と言ったそうだ。
キツネにとって、人間の瘡蓋や火傷瘡は霊薬になるとされ、
ある地方では、『火傷や瘡蓋のある者が山にはいるとキツネにだまされる』という言い伝えがあると云う。
女房は目の悪い女で、日頃から泣き腫らしたような瞼の持ち主だったという。
キツネはそれに付け込んだのだろうか。

残念ながら、女房がその後どうなったかまでは、この伝奇の採集者は伝えていない。



もういっちょ。



805 : 805(1/2):2001/07/28(土) 19:51
毎年この時期、水難にあって死ぬ人はやっぱり多いらしい。
で、海で溺れかけたけど、なんとか生還した女の子がちょっと前にいたんだって。
その人は浜辺に戻ってきて、めちゃくちゃ震えてたんだって。
まあ一回溺れたら分かるけど、確かにめちゃくちゃ怖いもんな。
でも、その種の震え方じゃなかったんだって。
どうにか落ち着いた彼女が語った話はこう。


806 : 805(2/2):2001/07/28(土) 19:52
水中眼鏡をかけて海の中を潜って、一人で泳いでたそうな。
結構息の長い方で、海中のいろいろな景色を楽しんでたんだって。

そんで、息継ぎに海面に戻ろうとした時、下から足をガッと掴まれたらしい。
慌てて自分の足を見ると、
水泳パンツ?だけを履いた、明らかにこの世の物じゃない腐敗しかけた男の子が、自分の足を引っ張ってたんだって。
恐怖と息苦しさでパニックになりながら、
「助けて!お願い!私はまだ死にたくない!」って必死で念じたそうな。
でも男の子は、掴んだ手を離さない。
男の子の顔は、なぜか悲しさと恐怖に満ちていたらしい。
諦めたように、首をゆっくり左右に振ったんだって。
男の子の体が彼女の足を掴んだまま、ゆらりとのけぞるように横に揺れる。
その時、溺れかけた彼女が見た物は、
男の子の足を更に下から掴む、防災頭巾をかぶった女の子の姿だったらしい。
そして、更に水中のもっと深く暗い所から、無数の水死者?が彼女のもとに集まりつつあったそうだ。
なんのために?引き擦り込む為に。決して逃がさない為に。


807 :805:2001/07/28(土) 19:53
女の子はこの時点で、奇跡的に他のスイマーに助けられたそうです。
みなさん水難事故には気をつけましょう。準備運動はしっかりとね。
一人では泳がない方がいいよ。


810 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/07/28(土) 22:30
防空頭巾の女の子と言えば、某海岸の事件を思い出すね、
アンビリバボーでも取り上げられたよね。


836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/29(日) 06:22
昭和30年7月28日、三重県津市の中河原海岸で、市立橋北中学の女子生徒が水泳の授業を行っていた。
ここは遠浅で波も穏やかで、生徒達は海岸から50mほどのところを泳いでいた。
ところが、静かだった海を突然大波が襲った。
生徒達は次々と海底へ引きずられてゆき、36名が死亡、生存者は9名という悲惨な事故となってしまった。
この日は天候も良く、遠浅のこの海岸では子供でも足がつくはずだった。
 

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/29(日) 06:32
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/19970608/f0608.html

水中カメラで海の中を見てみると、激しく砂が巻き上げられ、視界が全くきかない。
さらに強力な潮の流れが発生している。
この波を「離岸流」(リップカレント=浜辺から沖へ向かう強力な潮の流れ)という。
この離岸流は、鹿島灘に限らず、外洋に面した遠浅の海岸に波が直角に入ってくるときに発生する。
この「離岸流」の流れは秒速2mの速さだという。
「離岸流」の発生する条件は、
(1)外洋に面している、(2)遠浅の 長い海岸、(3)波が浜辺に直角に入ってくる、の3つだ。
その3つの条件を、鹿島灘は全て満たす海岸なのである。


855 :コピペ1:2001/07/29(日) 20:36
防空頭巾の集団亡霊

三重県津市の海岸には、海の守りの女神の像が立っている。
ここは、昭和三〇年七月二十八日に、市立橋北中学一年生の女子三六人が水死した所だが、
当時の生き残りの一人だった梅川弘子さん(二一)は、週刊誌「女性自身」(昭和三八年)に、
その時の恐ろしかった手記をサイン、写真入りで寄せている。

いっしょに泳いでいた同級生が、「弘子ちゃん、あれ見てー」としがみついてきたので、
二、三〇メートル沖を見ると、その辺で泳いでいた同級生が、つぎつぎと波間に姿を消していくところだった。
すると、そこで弘子さんは、
「水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくる」のを見た。
それは何十人もの女の姿で、ぐっしょり水を吸い込んだ防空頭巾をかぶり、もんぺをはいていた。
逃げようとする弘子さんの足をつかんだ力はものすごく、水中に引きこまれていったが、
薄れゆく意識の中でも、足にまとわりついて離れない防空頭巾をかぶった無表情な白い顔を、はっきり見続けていたという。


856 :コピペ2:2001/07/29(日) 20:37
弘子さんは助けあげられはしたが、肺炎を併発し二十日間も入院した。
「亡霊が来る、亡霊が来る」と、よくうわごとを言ったという。
「防空頭巾にもんぺ姿の集団亡霊」というのには因縁話があって、
津市郊外の高宮の郵便局長・山本剛良氏によると、
この海岸には、集団溺死事件の起こったちょうど十年前の、月日も同じ七月二八日に、
米軍大編隊の焼打ちで市民二五〇余人が殺されており、
火葬しきれない死骸は、この海岸に穴を掘って埋めたという。
山本氏からこの話を聞かされた弘子さんは、手記の名中で、
「ああ、やっぱり私の見たのは幻影でも夢でもなかった。
 あれは空襲で死んだ人たちの悲しい姿だったんだわ」
と納得している。

なお山本氏が聞いて回ったところによると、
この亡霊は、弘子さんを含めて助かった九人のうち五人までが見ているばかりが、
その時、浜辺にいた生徒たちの内にも、何人かが見たと語っているそうだと、弘子さんは伝えている。

また、その後、こうした体験をした弘子さんは、卒業してガソリンスタンドの事務員に就職したが、
自分でも積極的に調べてみると、次つぎに怪異な事件が起こっていいることを知ったと、次のような報告を併記している。
○溺死事件の前日、大きな火の玉が浜辺の某家の屋根に落ちたのを、釣りをしていた何人もが見たが、
 その家の娘も弘子さんといっしょに遭難水死した。
○腰まで海水に浸って釣っていた人が、突然何かに憑かれたように沖へ沖へと歩いていって、
 そのまま海中に姿を消し、死体も揚がらぬ事件が、四年間も続いている。
○渡辺小三郎という人は幸い救われたが、病院で「亡霊を見た」とうなされ続け、意識不明のまま二〇日後に死去している。
注:この海辺は現在は遊泳禁止。



| 独り言 | 23:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT